前へ
次へ

お風呂がダイエット効果を生む場所

入浴するだけでも、美容効果を得ることができます。38~40℃のお湯に浸かることが適しているのは、身体を芯から温めるからで、血液の巡りを良くしてくれます。ぬるめのお湯だから15分ほどなら、無理せずに肩までしっかり浸かっていられるでしょう。リラックス効果も同時に得られます。また、反復温浴といって、43から45℃の熱めのお湯に5分浸かって、湯船から出て5分休憩を繰り返すだけで発汗し、短時間の温と冷の繰り返しによって、カロリー消費も大きいようです。老廃物を除去するダイエット効果も謳われていますが、温熱作用によって、疲労物質も除去されるため、筋肉のコリもほぐれて疲労回復も促してくれます。だから、有酸素からの無酸素運動後には、こうした入浴法がおすすめです。水圧を利用して、湯船の中でマッサージや浮力を利用してお腹をツイストする動きなどを行えば、引き締まったボディーにも導くことができますし、もちろん入浴剤にはヒアルロン酸やコラーゲン入り、カプサイシン入りなどを使ってみましょう。

Page Top